温泉

2013.08.25

ついでに

帰りの道中、李山のトトロの森を見物。
まあ言われてみればそう見えるかな。(笑)

Photo_5

ホントに天然?と言いたくなるくらいの造形美?


あられさんのお知り合いの管理釣り場で
遊ばせてもらうつもりが完全に遊ばれて
しまった。(笑)

Photo_6

暑くてそりゃ釣れんわ(笑)


遅いお昼に米沢市内にある「きよえ食堂」で
ラーメンを食べて、あられさんとお別れ。

Photo_7

牛肉ラーメン。牛肉は米沢牛じゃないと思うけど
十分おいしかった。


最後の仕上げに小野川温泉でひとっ風呂浴びて
帰宅。
河鹿荘、すごく奇麗な旅館で対応もいいし、お風呂も
よくこれで500円は安い気がした。

| | コメント (0)

2013.08.24

秘湯

記録として残しておこう。
昨年米沢八湯制覇すべく2日間に渡って
湯めぐりをした。
滑川、新高湯、五色、白布、小野川を
クリアし、今年残り3つの姥湯、大平、
湯の沢をやっつけようと思っている。

そのひとつ、大平に行ってきた。
細い山道を走り、山の上にある駐車場に
車を止め、そこから標高差200m近くを
歩きで降りて宿に着くという秘湯だ。

Photo

狭い山道を登り駐車場着、ここから歩く。

Photo_2

宿まで標高差約200m、一気に下りる。


お湯自体は飛び抜けていいという泉質では
ないけれど、携帯NG、テレビ無し、
あるのは絶壁に囲まれた自然の中、瀬音と
夜の闇。
ヘッ電つけて一人きりの露天風呂。
ただただ贅沢な時間の流れ。
久し振りに「ぼーっと」過ごした気がする。

Photo_3

露天風呂


朝も早く目が覚め暗いうちから朝風呂。
ホント贅沢な一日でした。
あられさん、贅沢な秘湯へお付き合いありがとう。

Photo_4

とても山奥にあるお宿とは見えないくらい立派。

| | コメント (0)

2013.07.21

おお!感動

昨日、今日と井戸掘り氏に温泉巡りに
付き合ってもらった。
今回は、念願の国見温泉に入った。
緑色の湯は、本当にバスクリンを
入れたような鮮やかな色だった。

でもって温泉として濃厚で上がり
湯をして、洗い流しちゃいけない
と思う湯だ。
日帰り湯の営業時間の都合で2軒を

2日間にまたがってしまったけど
結果良かった。

1374410583523.jpg
石塚旅館の露天風呂


1374410612857.jpg

石塚旅館の内湯

1374410633487.jpg
森山荘の露天風呂

| | コメント (0)

2013.03.31

温泉巡りその四

本日二湯目は、鶴の湯。
真白な湯はなんも言えね。(笑)
いい湯でした。
白湯、黒湯も入りたかったが、足のつま先を
沈んでる岩につまずいて、大事をとって
次回に持ち越しました。

1364826917848.jpg

| | コメント (0)

温泉巡りその三

完全に二日酔いで起きられず
予定はかなり出遅れた。(^^;;
井戸掘りさんは平気だったので
申し訳なかった。(^^;;

本日の一湯目は蟹場温泉。
混浴の露天風呂、内風呂二つを制覇。
もうお昼だ。(笑)

1364826321315.jpg

1364826329001.jpg

| | コメント (0)

2013.03.30

温泉巡りその二

のんびりし過ぎたか、時間が無くなり
本日二湯目にして最後は、西木の
クリオン。(笑)
まあ、いいかである。(笑)

1364825124346.jpg

| | コメント (0)

温泉巡りその一

井戸掘りさんにホテルまで迎えに
きてもらい、挨拶もそこそこに
出発。
車中、何処に行くか話しながら
秋田の湯に行く前に、地元岩手の
湯に入ることにした。

一湯目は、網張温泉。
ここの元湯を井戸掘りさんが掘った
そうな。
微かさ硫黄臭のする、サラッとした
いい湯でした。

1364821884531.jpg

| | コメント (0)

2009.05.10

お風呂あがり

糸魚川IC近くの日帰り温泉。
油っぽいというかヨード臭というのか
独特の匂いがするが、湯冷めしにくい
いい温泉。

日帰りとしては1000円と値段は高めなのが
残念だけど、休憩延長(朝7時まで)して
2000円は素泊まりの値段と考えれば
お得じゃないかな。
Blog0080


| | コメント (0)

2004.01.11

秋保温泉

仙台の秋保温泉「市太郎の湯」日帰り温泉
露天風呂が気持ちよかった。

sy.jpg

| | コメント (0)

2004.01.01

湯田中温泉

長野の湯田中駅前の温泉「かえで」日帰り温泉
駅横にあり場所は最高。
露天風呂は場所が場所なだけに壁に囲まれていて
残念。

yudanaka.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)