« 最初の一滴 | トップページ | 最初の一滴その3 »

2006.05.21

最初の一滴その2

猫氏不調のまま釣りあがっていく。
少し休憩していたら後から3人パーティの
沢屋さん達に追いつかれて抜かれた。
この辺りで沢屋さんと会うのは僕は初めてだった。

ああ、今日の釣りは終わったと思った。
でも、いいヤマメ釣ったからまあいいかという
気持ちだった。
しかし、不調の猫氏はこのままで終われるはずが
無かった。(爆)

Taki

暫く時間をおいて上流を釣るか、
登山道を進んで
山の反対側を流れる川を目指すか
話し合った。
長い議論の末、時間をおいて
上流を釣ってみることにした。
猫氏は辿り着けるかわからない反対側の川へ
行きたかったようだが。。。

時間をおいて釣りを再開した。
猫氏は、エサ釣りにスイッチした。
自分はしばらく猫氏の後をついて魚の反応の
見て釣りを再開することにした。(笑)
型は小さいもののイワナが釣れ始めたので

再び竿を伸ばし釣りを再開した。(^^ゞ
サイズはそれほどではないがポンポンと
イワナが釣れた。
魚の反応がいいと型が小さくても楽しい。
猫氏の言う魚止めの滝に到着したので

本日の釣りは終了。
ヤマメ3、イワナ5バラシは?で小菅の川では大漁だ。
猫氏も毛鉤で何匹か釣れたようで良かった。
ここで普通に川を下って帰れば気分良く帰れたものを・・・

つづく

|

« 最初の一滴 | トップページ | 最初の一滴その3 »

釣り日記」カテゴリの記事

コメント

猫さん、ども!

んー、毛鉤でそんなに釣れたの?良く見て
なかったからねー。
失礼しました。

投稿: かっちゃん | 2006.05.26 13:51

おいおい、これじゃ俺がずっと餌で釣ったみたいじゃないか!つ抜けしたけど、そのうち8匹は毛鉤だぞ!

投稿: 猫 | 2006.05.26 13:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最初の一滴 | トップページ | 最初の一滴その3 »